宮城のニュース

<B2仙台>薄氷の4連勝 群馬に延長85−80

 13日、仙台市のゼビオアリーナ仙台などで行われ、東地区2位の仙台は3位の群馬に延長の末、85−80で勝利し、通算成績を4勝1敗とした。首位の茨城が西地区の愛媛に敗れて4勝1敗と勝率で並んだが、得失点差で仙台は2位のまま。群馬は3勝2敗。
 4位の福島は中地区の八王子を下して3勝3敗。6位の青森は5位の山形を破って初勝利を挙げた。両チームとも1勝4敗。直接対戦で勝った青森が5位に上がった。
 仙台、山形、青森は14日も同じ相手と同じ会場で戦う。

◎延長で小刻み加点

仙台(4勝1敗)85 23−20 80 群馬(3勝2敗)
           11−14
           21−19
           17−19
            延 長
           13− 8

▽観衆 1956人(ゼビオ)

 仙台が競り勝った。72−72で迎えた延長、沢辺や白戸の3点シュートで点差を広げ、終盤はフリースローで小刻みに加点し逃げ切った。試合を通してフィールドシュートの成功率が高かった。


2018年10月14日日曜日


先頭に戻る