宮城のニュース

<B2仙台>主将の月野、けがをおして奮闘 前半終盤の攻撃に貢献

月野雅人

 主将の月野が相手の肘でまぶたを切りながらも得点を重ね、前半終盤の反撃に貢献した。「悪い流れを打開できるよう、チャンスがあればいこうと思っていた」と振り返った。
 チームが序盤にターンオーバーを繰り返す中でミラーと話し合い、手渡しのパスやピックアンドロールなど、動き方を修正しリズムをつくりかけた。逆転にはつなげられず、チームは後半失速して惨敗。「見せてはいけないゲームだった」と最後まで表情は暗かった。


2018年10月14日日曜日


先頭に戻る