宮城のニュース

立ち姿ほほ笑ましく 丸森・上滝でかかしまつり

愛らしい手作りのかかしに見入る住民たち

 かかしで地域に笑顔を届けようと、宮城県丸森町上滝地区で「石羽古碑街道かかしまつり」が開かれている。住民グループ「丸森ブランド化交流委員会」の主催で、今年で11回目。
 養蚕の守り神である猫神さまなどの古碑が点在する約1.6キロの町道沿いに、約200体が並ぶ。アンパンマンやちびまる子ちゃん、花の輪を掛けた新婚の夫婦など愛らしいかかしが集まった。
 斎藤初男代表(76)は「少子高齢化が進むが、子どもからお年寄りまで、みんな元気でいられる地域でありたい」と話している。
 28日まで。連絡先は斎藤代表0224(72)6021。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年10月15日月曜日


先頭に戻る