広域のニュース

<秋季高校野球>21安打で羽黒快勝

 第71回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦6試合があり、古川(宮城第2)、仙台育英(宮城第1)、秋田修英(秋田第1)などが準々決勝に駒を進め、8強が出そろった。
 第3日の15日は両球場で準々決勝4試合がある。

◎21安打で羽黒快勝

 ▽2回戦(八橋球場)
羽黒(山形)
   313200302=14
   020101200=6
横手(秋田)

 【評】羽黒が21安打で大勝した。一回に篠田の2点二塁打などで3点を先取。二〜四回は毎回得点を重ね、七回は山田の3点本塁打で突き放した。横手は11安打で6点を挙げたが、守備が6失策と乱れた。

<「すごい打線」横手の監督脱帽>
 横手は羽黒に21安打と打ち込まれた。押切監督は「打力があるのは分かっていたが、ミスショットがなく、すごい打線だった」と脱帽の様子だった。
 強い打球に6失策と守りも崩された。細川主将は「守備力で通用しなかった。冬場は守りを鍛えるとともに、泳がされずに振り抜く羽黒のバットスイングも見習いたい」と語った。
 2年前の秋季東北大会で8強入りした先輩に憧れて進学した選手が多い。先輩が果たせなかった甲子園出場に向け、細川は「頑張ります」と躍進を誓った。


2018年10月15日月曜日


先頭に戻る