広域のニュース

<秋季高校野球>八戸学院光星 大勝

 第71回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦6試合があり、古川(宮城第2)、仙台育英(宮城第1)、秋田修英(秋田第1)などが準々決勝に駒を進め、8強が出そろった。
 第3日の15日は両球場で準々決勝4試合がある。

◎八戸学院光星 大勝

 ▽2回戦(こまちスタジアム)
八戸学院光星(青森)
   00321003=9
   00100001=2
専大北上(岩手)
(八回コールドゲーム)

 【評】八戸学院光星の投打がかみ合った。三回2死二塁から島袋の右翼線三塁打などで3点を先取し、その後も着実に加点。下山と山田が継投で反撃を2点に抑えた。専大北上は9残塁と打線がつながりを欠いた。
 専大北上・川村主将(コールド負けに涙)「高めの球を振ることがチームのテーマだったが、ボール球にも手を出してしまった。(相手とは)体の大きさも全然違ったので、冬に筋トレを行い、体幹も鍛えてレベルアップしたい」


2018年10月15日月曜日


先頭に戻る