広域のニュース

<秋季高校野球>秋田修英 投打圧倒

 第71回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦6試合があり、古川(宮城第2)、仙台育英(宮城第1)、秋田修英(秋田第1)などが準々決勝に駒を進め、8強が出そろった。
 古川は延長十回、弘前東(青森第2)に4−3でサヨナラ勝ちした。仙台育英は福島商(福島第3)に10−2で七回コールド勝ちした。秋田修英は大崎中央(宮城第3)を9−1で下した。
 第3日の15日は両球場で準々決勝4試合がある。

◎秋田修英 投打圧倒

 ▽2回戦(八橋球場)
大崎中央(宮城)
   1000000=1
   030303×=9
秋田修英(秋田)
(七回コールドゲーム)

 【評】秋田修英が投打で上回った。0−1の二回に佐藤、菅の適時打で3点を奪って逆転し、四、六回も3点ずつを加えた。左腕西岡は緩急を使って1安打1失点で完投。大崎中央は3投手とも制球に苦しんだ。

<大崎中央、3投手が9失点>
 大崎中央は前日の青森山田戦を完投した主戦の氏家が先発を回避。斎藤、大瀧、氏家と小刻みにつないだが、計9失点でコールド負け。平石監督は「良く投げてくれたが、緊張をほぐしてやれなかった」と投手陣をねぎらった。
 斎藤は二回に四球やボークで崩れて3失点。「『抑えないと』と力み過ぎた。張り詰めた緊張感の中で投げたことを、春につなげたい」と前向きだった。
 東北大会で収穫もある。氏家は「直球が通用することが分かった。冬場に股関節を柔らかくすることなどに取り組み、春には140キロ台の球を投げたい」と意気込んだ。


2018年10月15日月曜日


先頭に戻る