広域のニュース

<秋季高校野球>古川快進撃4強 仙台育英はサヨナラ負け

仙台育英−花巻東 6回裏、花巻東に同点とされ、マウンドに集まる仙台育英ナイン=八橋球場

 秋季東北地区高校野球大会は15日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で準々決勝を行い、古川(宮城第2)が勝って4強入りし、初の甲子園出場へ前進した。仙台育英(宮城第1)は敗退した。
 古川は3−1で秋田修英(秋田第1)を破った。1−1の八回1死一、二塁、尾形の左前打と走塁妨害で勝ち越し。続く高橋涼も左前に適時打を放ち点差を広げた。主戦千坂は9安打を許しながらも要所を締め、1失点で完投した。
 仙台育英は花巻東(岩手第2)に5−6でサヨナラ負け。四回までに小濃のソロ本塁打などで5点をリードしたが、六回に追い付かれて延長戦に突入。十回、花巻東の武田にサヨナラ打を許した。

 ▽準々決勝

秋田修英(秋田)
   000100000=1
   00100002×=3
古川(宮城)

仙台育英(宮城)
   0104000000=5
   0003020001x=6
花巻東(岩手)
(延長十回)


2018年10月15日月曜日


先頭に戻る