宮城のニュース

車横転し男性大けが、東北道通行止め

 15日午前6時40分ごろ、白石市の東北自動車道下り線の白石インターチェンジ(IC)付近で散水車が横転し、運転していた栃木県の会社員男性(34)が左脚の骨を折る大けがをした。事故処理で東北道下り線の福島飯坂−白石IC間が約3時間半、通行止めになった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月16日火曜日


先頭に戻る