宮城のニュース

<新聞大会>仙台で開幕 真実伝える役割再確認

あいさつする白石会長=16日午後1時10分ごろ、仙台市青葉区の仙台国際センター

 全国の新聞、通信、放送各社が加盟する日本新聞協会は16日、第71回新聞大会を仙台市青葉区の仙台国際センターで開いた。協会、各社幹部480人が出席。代表標語「真実と 人に寄り添う 記事がある」の下、新聞の役割を再確認した。
 式典で協会副会長の一力雅彦河北新報社社長が「東日本大震災後に生まれた人たちはどんどん増えていく。教訓を伝えるため『歴史の記録者』『時代の目撃者』たる新聞の果たす役割は大きい」とあいさつした。
 協会長の白石興二郎読売新聞グループ本社会長は「この大会を読者の信頼をつなぎ留めるための機会としたい」と強調した。
 財務省など政府機関による公文書の改ざんや隠蔽(いんぺい)問題を受け、「真実を追究するジャーナリズムの役割を果たし、国民の知る権利にこたえる」とする大会決議を採択した。
 2018年度の新聞協会賞の授賞式もあり、河北新報社の連載企画「止まった刻(とき) 検証・大川小事故」など編集部門3件、河北新報社の「『いのちと地域を守る』震災伝承・防災啓発プロジェクト〜地方紙連携・地域協働による責務の共有と発信の強化」など経営・業務部門2件、技術部門1件が表彰された。
 仙台開催は1997年以来、21年ぶり4回目。河北新報社がサポートする。若者に新聞を身近に感じてもらうため、宮城県内の大学8校・高校4校から計300人を招いた。大学生と高校生の大会招待は初めて。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月16日火曜日


先頭に戻る