山形のニュース

名所散策や美食堪能、最上観光はタクシーがお得 山形で宿泊者対象ツアー試験実施 

スギの巨木が広がる山形県戸沢村の「幻想の森」はツアーの見どころの一つだ

 新庄地区タクシー協議会(新庄市)は、山形県最上地方に宿泊する旅行者を対象に観光と食事をセットにしたツアーを始めた。県などでつくる「やまがた観光キャンペーン推進協議会」の支援を受け、3コース各40人限定で試験的に実施する。
 来年秋にJRグループなどが展開する大型観光宣伝「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」を視野に、2次交通の充実で最上地方にも宿泊客を呼び込むのが狙い。
 ツアーは「タクシーで巡るよくばり美食旅」と銘打ち、短時間で経済的に周遊できるコースを設定。いずれもJR新庄駅を午前11時半に出発する。
 瀬見温泉(最上町)と肘折温泉(大蔵村)の宿泊者向けには、イタリアンまたはフレンチの昼食に最上川舟下りやスギの巨木が群生する「幻想の森」の散策を用意。昼食にそばも選べる。最後は各温泉に送り届ける。
 瀬見温泉に宿泊の場合、料金は1人5000円、肘折は同6000円。通常周遊する場合の半額以下になる。ほかにも新庄市の名物とりもつラーメンと最上川舟下りを楽しみ、夕方新庄駅に戻るプラン(1人5000円)もある。
 申し込みは2人以上の完全予約制で、旅行の3日前までに申し込む。連絡先は新庄地区タクシー協議会・新庄タクシー0233(22)3955。


関連ページ: 山形 社会

2018年10月16日火曜日


先頭に戻る