宮城のニュース

<八木山動物公園>スマトラトラ「クンデ」古里名古屋へ 21日にお別れイベント

名古屋市東山動植物園に戻ることが決まったスマトラトラの「クンデ」(仙台市八木山動物公園提供)

 仙台市八木山動物公園(太白区)は16日、繁殖のために2015年から来園していたスマトラトラの雄「クンデ」が今月28日に名古屋市東山動植物園に戻ると発表した。代わりに、14年に東京・上野動物園に移った雄「ケアヒ」が11月12日に八木山に戻ってくる。
 クンデは13歳。名古屋から来園し、八木山で12歳の雌「バユ」との繁殖を試みたが、うまくいかなかった。クンデの「ありがとうイベント」を21日、スマトラトラ展示場前で開く。
 ケアヒは10歳。八木山で12、13年にバユとの間に4頭の子をもうけた実績があり、14年に上野動物園に移った。再び八木山で、バユとの繁殖を目指す。
 スマトラトラは繁殖適齢期が3〜12歳ほどで、野生の生息数は世界で400頭程度しかいない希少種。国内では八木山動物公園がスマトラトラの計画管理者として、各動物園の個体の繁殖計画を立てている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月17日水曜日


先頭に戻る