宮城のニュース

<高校野球宮城>東北高野球部監督に富沢清徳氏 佐々木主浩氏とバッテリー

 東北高(宮城)は16日、甲子園大会に春夏計41度出場している硬式野球部の新監督に、同校OBで修徳高(東京)硬式野球部助監督の富沢清徳氏(51)が就任すると発表した。現監督の我妻敏氏(36)は退任する。
 富沢氏は東北高硬式野球部の主将を務め、85年に春夏連続で甲子園に出場し、ともに8強入り。東北高では横浜(現DeNA)や米大リーグのマリナーズなどで活躍した佐々木主浩氏とバッテリーを組んだ。立正大、朝日生命でプレーし、同大ヘッドコーチを経て昨年から修徳高で助監督を務めていた。
 東北高は24日に仙台市の泉キャンパスで富沢氏の監督就任記者会見を開く。


2018年10月17日水曜日


先頭に戻る