宮城のニュース

脱退妨害で組員に中止命令 指詰めを強要

 白石署などは17日、暴力団対策法に基づき、多賀城市の指定暴力団系の無職男性組員(53)に、組員の脱退を妨害しないよう中止命令を出した。同署によると、組員は5月上旬、塩釜市の会社事務所で、組織脱退を申し出た県内の無職男性(27)に指詰めを強要し、脱退を妨害した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月18日木曜日


先頭に戻る