宮城のニュース

<いちおし土産>海の街、愛らしく表現 石巻こけし工房「ツリーツリー石巻」のアフロなこけし

インパクト抜群の「アフロなこけし」

 顔の倍以上は大きいアフロヘアー。愛らしい表情に、赤い頬まで伸びたもみあげ。海の街石巻をイメージし、青色を基調とした胴体には魚を描いた。
 ジャニーズ事務所の人気グループが主演したテレビドラマの小道具として反響を呼んだ。4月に発売すると、県内外からファンらが来店。製作が追い付かないほどの人気商品になり、160体以上が売れたという。
 大きさ別に3種類を用意している。10月にはドット柄の秋限定商品を作った。購入者には「アフロなこけし」と書かれたカードと、こけしのステッカーの特典を付ける。
 市中心部の立町大通り商店街にある林屋呉服店の林貴俊さん(44)が考案した。商店街活性化を目指し、こけし工房を2015年に開設。オリジナルデザインの「石巻こけし」を1体ずつ手作りしている。林さんは「家に置いて、石巻を思い出すきっかけにしてほしい」と話す。

[メモ]3寸(9センチ)、4寸(12センチ)、5寸(15センチ)の3種類で、2800〜3200円。林屋呉服店内の「ツリーツリー石巻」のみで販売する。不定休。「売り切れの場合もあるので、事前に連絡してほしい」と同店。連絡先は090(6629)5151。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月18日木曜日


先頭に戻る