宮城のニュース

サツマイモの収穫に歓声 多賀城の幼稚園児が芋掘り体験

収穫したサツマイモを手にする園児たち

 多賀城市八幡にある八幡花園幼稚園(鎌田俊昭園長)の園児160人が18日、園内の畑でサツマイモ掘りを体験した。
 園児らは、5月に苗を植えて大きく育ったサツマイモを土の中から掘り出し、歓声を上げた。芋は3個ずつ自宅に持ち帰ったほか、園内で焼き芋にして食べる予定。伏谷心結(みゆう)ちゃん(6)は「芋掘りは3回目で、一番うまくできた。パンにして食べてみたい」と笑顔を見せた。
 同園は東日本大震災の津波で床上浸水した。震災後、食育の一環としてサツマイモやトウモロコシ、大根などを園内で育てる。鎌田園長は「野菜嫌いの子どもも、自分で作れば愛着が湧いて食べるようになる」と話す。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年10月19日金曜日


先頭に戻る