宮城のニュース

<NHK元記者強姦致傷>仙台高裁、控訴棄却「別の真犯人想定できない」被告は上告の方針

 山形、山梨両県で女性3人に性的暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本(つるもと)康孝被告(30)の控訴審判決で、仙台高裁は18日、懲役21年とした山形地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。被告は上告する方針。
 弁護側は被告のDNA型が検出された犯行現場の遺留物は「第三者が持ち込んだ可能性がある」などとして無罪を主張したが、嶋原文雄裁判長は「別の真犯人の痕跡が存在する可能性が想定できない」と指摘した。
 「記者時代に警察官らの恨みを買ったことが考えられ、警察関係者が証拠を捏造(ねつぞう)した可能性もある」との弁護側の主張も「具体性と現実性を欠く抽象的な可能性でしかない」と退けた。
 判決によると、被告は山形放送局勤務の2016年2月と、甲府放送局勤務の13年12月と14年10月にそれぞれ女性宅に侵入して性的暴行し、うち2件で被害者にけがをさせた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月19日金曜日


先頭に戻る