宮城のニュース

<仙台6人死亡火災>72歳男性一家か 男児2人はベランダで発見、逃げようとした可能性

激しく燃える本間さん方。鎮火後、6人の遺体が発見された=18日午前2時59分、仙台市太白区郡山1丁目

 18日午前2時20分ごろ、仙台市太白区郡山1丁目、職業不詳本間吉雄さん(72)方から出火したと近隣住民が119番した。仙台南署によると、木造2階の住宅が全焼し、約3時間40分後に鎮火した。同署によると、焼け跡から計6人の遺体が見つかった。
 住宅には本間さんと妻のみつさん(71)、次女の敦子さん(39)、長女の青木玲子さん(42)と青木さんの長男孝憲君(9)=東長町小3年=、保育園児の次男孝龍(こうりゅう)ちゃん(6)が暮らしていた。
 6人とも火災後に行方不明となっており、同署は6遺体が本間さん一家とみて確認を急ぐとともに、18日に続き19日も住宅を実況見分し、出火原因を調べる。
 遺体は1階と2階、2階ベランダからそれぞれ2人ずつ見つかった。孝憲君と孝龍ちゃんとみられる遺体はベランダで見つかっていることなどから、2人は逃げようとした可能性がある。いずれの遺体にも目立った外傷はなかったという。
 複数の周辺住民が「2階が激しく焼けていた」と証言。近所の主婦(46)は「バン、バンという破裂音がして目が覚めた。すさまじい炎で、自宅に延焼しそうで怖かった」と話した。
 現場はJR長町駅の東約500メートルの住宅密集地で、近年建設された東日本大震災の災害公営住宅や商業施設が立ち並ぶあすと長町地区に隣接している。本間さん方では昨年8月にも、駐車場に止めてあった乗用車や自転車4台が焼ける火災があった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月19日金曜日


先頭に戻る