宮城のニュース

<仙台6人死亡火災>1階西側が激しく焼ける 内部から出火か

実況見分で本間さん方を調べる消防署員ら=19日午前9時50分ごろ、仙台市太白区郡山1丁目

 仙台市太白区郡山1丁目で18日、本間吉雄さん(72)方が全焼し、焼け跡から本間さん一家とみられる6人の遺体が見つかった火災で、本間さん方の1階西側部分の焼け方が激しいことが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 仙台南署などは18日に続き本間さん方を実況見分し、火元や出火原因を調べているが、住宅内部から出火したとの見方を強めている。
 1階西側は北方に台所、南方に居間がある。台所に近い階段付近で本間さんとみられる遺体、居間側で女性の遺体がそれぞれ見つかった。
 捜査関係者によると6遺体のうち、本間さんとみられる遺体の損傷が激しいという。同署は19日午後、6遺体を司法解剖して詳しい死因を調べるとともに、DNA鑑定などで身元の特定を急ぐ。
 本間さんと同居していた孫の小学3年青木孝憲(たかのり)君(9)が通う東長町小(太白区)では同日午前、火災で孝憲君が行方不明になっていることを全校放送で報告した。教頭によると「警察が捜してくれている。つらいと思うが、不安になったらいつでも相談してほしい」との内容だったという。市教委は同日、スクールカウンセラーを同校に派遣した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月19日金曜日


先頭に戻る