宮城のニュース

<ベガルタ>村林いづみのアディショナルたいむ/野津田、驚異の会話術 日頃の触れ合いで好連係

村林いづみ

 ピッチを縦横無尽に駆け回るJ1仙台のMF野津田岳人選手は、ピッチ外でも驚異のコミュニケーション力を誇ります。話しているうちにすぐに打ち解け、誰もが彼のファンになってしまうほど。同僚のDF永戸勝也選手も「ガクは本当にすごい。初めての人でも全く人見知りをしないんですよ」と舌を巻いています。
 「子どもの頃、全く知らない土地に転校をしているし、プロになってからも多く移籍を経験しているからですかね」と自己分析します。中学3年でJ1広島ユースに入団。「年上の選手に面倒を見てもらうことが多かったですね。寮生活でみんなと仲良くなりました。そういう中で人見知りはなくなっていきました」。新しい土地に行っても、ボールと会話術で仲間を増やしていきました。
 2人の兄がいる野津田選手はどこのチームに行っても、みんなにかわいがられる弟的存在。「怒られないぎりぎりのところで、先輩をいじるのも好きです」といたずらっ子のような笑顔を見せます。昨年に期限付き移籍で仙台に加入し、広島時代からの兄貴分であるFW石原直樹選手と再び一緒にプレーする喜びを感じる日々。試合でも2人の好連係から以心伝心の攻撃が生まれています。
 日頃からの仲間との触れ合いがピッチ上で役立つことは言うまでもありません。「多くの選手といろんな話をします。そこで自分の考えは言うし、意見を聞いてプレーに生かしていきたい」。野津田選手の周りには人が集まり、笑顔の輪が広がります。チームの動きを活性化させる攻撃のキーマンは、ピッチ外の人間関係も円滑にしています。
 リーグ戦も残り5試合。仙台のトップ5(5位以内)を目指す戦いも大詰めです。厳しさを増す上位争いへ、野津田選手からますます目が離せません。(フリーアナウンサー)


2018年10月19日金曜日


先頭に戻る