宮城のニュース

<仙台6人死亡火災>6遺体は本間さん一家、全員焼死 火元は1階居間か

実況見分で本間さん宅を調べる消防署員ら=19日午後2時40分ごろ

 仙台市太白区郡山1丁目で18日、本間吉雄さん(72)方が全焼し、焼け跡から6人の遺体が見つかった火災で、仙台南署が19日に実施した司法解剖で6人が本間さん一家と判明した。死因は全員焼死だった。
 本間さん以外の5人は妻みつさん(71)、次女敦子さん(39)、長女の青木玲子さん(42)、青木さんの長男孝憲(たかのり)君(9)、次男孝龍(こうりゅう)ちゃん(6)。いずれも目立った外傷はなかった。
 捜査関係者によると、本間さんは1階の階段、孝憲君と孝龍ちゃんは2階ベランダでそれぞれ見つかり、1階の台所と2階の2部屋でそれぞれ女性1人が見つかった。同署は6人の遺体の位置関係を明らかにしていない。
 同署や消防は18日に続き19日も本間さん方の実況見分を実施。外部から放火された形跡はなく、1階西側の居間と台所付近の焼け方が激しい上、居間には石油ファンヒーターがあったことが分かった。
 捜査関係者によると、階段で見つかった本間さんの遺体の損傷が激しかったという。同署は1階居間のヒーターから出た火が階段を通り、2階に燃え移った可能性もあるとみて調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月20日土曜日


先頭に戻る