宮城のニュース

<ベガルタ>渡辺監督、旧知の仲間警戒「何をしてくるか分からない」

渡辺晋監督

 渡辺監督が新体制になった鳥栖を警戒した。成績不振で解任されたフィッカデンティ前監督に代わってコーチだった金明輝監督が采配を振る。「何をしてくるか分からない。(残留争いで)一つにまとまる可能性も高い」とみる。
 2人は2000年にJ2甲府で共にDFとしてプレー。「彼は若くて経験がなかったので、僕が何かと言っていた。嫌だったんじゃないかな」と当時を振り返って笑う。以前の仲間と指導者としての初対戦に、仙台を率いて5年目の先輩は「何が起こっても相手の土俵に乗らず、地に足を着けてやることが大事」と平常心を強調した。


2018年10月20日土曜日


先頭に戻る