青森のニュース

ブラジル視察は観光 旅費の返還請求、青森知事に命令

 青森県議2人のブラジル視察は五所川原市の事業に随行しただけの観光に当たり、県の公費支出は違法として、弘前市民オンブズパーソンが、県議に旅費を返還させるよう三村申吾知事に求めた訴訟の判決で、青森地裁は19日、訴えを認め、知事に対して2人に計約144万円を返還請求するよう命じた。
 飯畑勝之裁判長は、国際観光振興の調査などを目的とした2人の派遣について「市職員に終始同行し、独自の情報収集をしていた形跡はうかがわれない」と断定。帰国後の報告書も「市職員が作成した復命書とほとんど異なるところがない」と指摘した。視察の必要性を否定し、県議会の派遣決定を違法と結論付けた。
 判決によると2人は2015年2月10〜17日、五所川原立佞武多(たちねぷた)の山車をサンパウロのサンバカーニバルで披露する市の事業に同行。カーニバルや、現地の県人会の会員らを交えた昼食会に参加した。
 三村知事は「県の主張が認められず残念。判決内容を詳細に確認、検討した上で、適切に対処する」とのコメントを出した。


関連ページ: 青森 社会

2018年10月20日土曜日


先頭に戻る