福島のニュース

わいせつ行為で教諭停職 女子高生を自室に招いて胸や尻を触る

 福島県教委は19日、会津地区の女子高生にわいせつな行為をしたとして、同地区の特別支援学校の30代男性教諭を停職12カ月の懲戒処分とした。教諭は同日付で依願退職した。
 県教委によると、8月中旬、競技の外部コーチとして帯同して宿泊した県外のホテルで、女子高生をマッサージするために自室に招いて胸や尻を触ったり、「胸回りがすっきりした」と話したりした。女子高生は教諭の教え子ではなかった。


関連ページ: 福島 社会

2018年10月20日土曜日


先頭に戻る