宮城のニュース

石巻・マンガロードに新ライダー「BLACK(ブラック)」仲間入り

田口さん(右)と亀山紘石巻市長らが除幕し、披露された「仮面ライダーBLACK」のモニュメント

 石巻市中心部のマンガロードに新設されるモニュメント「仮面ライダーBLACK(ブラック)」が20日、石巻市の石ノ森萬画館で披露された。新設は2009年以来9年ぶり。同館によると、マンガロードのモニュメントは総数17体となる。
 BLACKは漫画家の故石ノ森章太郎さん(登米市出身)の作品で、1980年代後半に登場した。モニュメントは台座を含め高さ166センチ。中央2丁目の旧まんがる堂前の歩道に22日に設置される。
 マンガロードの仮面ライダーシリーズは、70年代前半の初期作品「仮面ライダー1号」「仮面ライダーV3」が設置済み。今回、新たなファン層を取り込もうと80年代のキャラクターを取り入れた。
 市は2001年度からマンガロードを整備。来年度は石ノ森作品のモニュメント2体を新たに設置し、市中心部の回遊性を高める。
 お披露目式には、BLACKのテレビ放映時のヒロインで女優の田口萌さんが出席。「デビュー作品で感慨深い。石巻の復興に向け、BLACKと一緒に応援したい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月21日日曜日


先頭に戻る