宮城のニュース

<ベガルタ>石原、5戦ぶりゴール

石原直樹

 仙台の石原が5戦ぶりのゴール。1−2の後半13分、梁勇基のFKにタイミングを合わせてゴール前に飛び込み、左足で押し込んだ。
 同点となる一撃でサポーターの大きな歓声を受けた。「オフサイドにならないよう、ラインをしっかり見た。梁(勇基)さんからすごく良いボールが来た」と振り返る。
 チームトップの6ゴール。11ゴールを挙げた西村がCSKAモスクワ(ロシア)に移籍後は、貴重な攻撃陣の柱を担う。序盤の再三の好機を決め切れず、「自分たちのペースの時に先制点を取れたらよかった」と悔やむ。残り4戦。「反省を生かし、強い気持ちで戦う」とラストスパートを誓う。


2018年10月21日日曜日


先頭に戻る