宮城のニュース

<B2仙台>金沢に競り勝つ 順位に変動なし

金沢−仙台 第3クォーター、シュートする仙台・ハリス(右)

 20日、石川県加賀市スポーツセンターなどで試合があり、東地区2位の仙台は中地区の金沢を71−69で下し通算5勝2敗とした。首位の茨城が5位の山形に敗れたため勝率で並んだが、得失点差により順位に変動はなかった。
 仙台は第1クオーター、20−28とリードを許す苦しい立ち上がり。終了直前、ミラーが勝ち越しシュートを沈めて辛くも勝利した。
 4位の福島は西地区の広島に負けて通算3勝4敗となった。福島は山形と同じ勝率となったが得失点差で順位は変わらなかった。6位の青森は西地区の愛媛を破って2勝目を挙げ、通算2勝5敗。
 東北の4チームは21日も同じ相手と同じ会場で対戦する。

仙台(5勝2敗) 71 20−28 69 金沢(2勝5敗)
            17−13
            19−15
            15−13
▽観衆 672人(加賀)

<後半はゲーム支配/仙台・桶谷大監督の話>
 出だしが悪く、ファーストシュートも簡単に打たれてしまった。後半は月野とミラーを中心にゲームをコントロールし、試合をひっくり返せた。あすは出だしからハードワークさせる。


2018年10月21日日曜日


先頭に戻る