宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大、2季連続V王手

福祉大−仙台大 好救援を見せた福祉大4番手の津森

 最終節第1日は20日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−仙台大、宮城教育大−東北大の各1回戦があり、福祉大と東北大が先勝した。
 福祉大は三回に清水敬の適時打で3点を奪って逆転、津森らの継投で仙台大を5−3で下した。東北大は谷口お、中尾の継投で宮教大に2−0で勝利した。
 最終節第2日の21日は同球場で東北大−宮教大、仙台大−福祉大の各2回戦が行われる。福祉大が連勝すると、2季連続70度目の優勝が決まる。

◎清水敬が逆転打

 福祉大−仙台大1回戦(福祉大1勝)
福祉大003200000=5
仙台大200010000=3
(勝)椋木6試合4勝
(敗)浅沼5試合2勝2敗
(本)鳥井5号(2)(三浦)

 【評】福祉大が逃げ切った。0−2の三回、2死満塁から清水敬の左越え二塁打で3点を奪って逆転し、四回にも2点を加えてリードを広げた。継投で中盤以降の失点は1点にとどめた。仙台大は四回の2死満塁の好機を逃したのが響いた。

<4番手津森、2回1/3無失点の好投>
 福祉大の主戦津森が七回2死から4番手でマウンドに上がり、2回1/3を1安打無失点の好投で締めた。仙台大に逆転を許さず、優勝へ王手をかけた。「真っ向勝負で抑えられた」と胸を張った。
 七回は2死一塁で打率4割超えの好打者辻本に直球勝負を挑み、右飛に打ち取った。八回の2死一、三塁のピンチも「逃げの投球はしたくない」と、代打佐久田を真っすぐのみで三振に仕留めた。
 2戦目も救援で起用される見込み。「どんな場面でも強気で攻める」と力強かった。

◎東北大零封勝ち

 宮教大−東北大1回戦(東北大1勝)
宮教大000000000=0
東北大00011000×=2
(勝)谷口お5試合1勝4敗
(敗)広島6試合4敗

 【評】東北大が零封勝ちした。先発の谷口おは6回を5安打無失点。2番手中尾も3回無失点で三塁を踏ませなかった。打線は四回、2死三塁から吉田の右前打で先制し、五回にも1点を加えた。宮教大は打線がつながりを欠いた。

<宮教大・松下は無失点>
 プロ志望届けを提出した宮教大の松下が2番手で登板し、打者5人を無安打無失点で抑えた。「持っている力を出し切れた」と振り返った。
 2点をリードされた六回からマウンドへ。140キロ超の直球を低めに集め、2死から四球を出すも後続を二ゴロで打ち取った。七回の先頭打者を塁に出したところで降板した。
 右肘が万全ではないため連投はできない。「2戦目はチームの勝利を信じ、3戦目があれば集大成を見せたい」と意欲を口にした。


2018年10月21日日曜日


先頭に戻る