宮城のニュース

<B2仙台>金沢に連勝 首位に立つ

金沢−仙台 第3クオーター、シュートをする仙台・白戸(11)

仙台(6勝2敗) 76 13−15 66 金沢(2勝6敗)
            23−10
            15−18
            25−23
▽観衆 671人(加賀)

 21日、石川県加賀市スポーツセンターなどで試合があり、東地区2位の仙台は中地区の金沢に76−66で連勝し、通算成績を6勝2敗として首位に立った。
 仙台は13−15で迎えた第2クオーター開始直後に追い付き、8連続得点などでリードを広げ逃げ切った。
 5位の山形は首位の茨城を2日連続で破って4勝4敗、3位に浮上した。茨城は2位後退。4位の福島は西地区の広島に連敗して3勝5敗、5位となった。6位の青森は西地区の愛媛に85−86で惜敗し、連勝を逃した。通算成績は2勝6敗。
 次節の24日、仙台は青森と仙台市のゼビオアリーナ仙台で、山形は群馬と山形市総合スポーツセンターで、福島は茨城と水戸市民体育館でそれぞれ対戦する。

<勝てたことは評価/仙台・桶谷大監督の話>
 出だしが少し劣勢だったが、良いパスで良いシュートが打てていた。後半、ターンオーバーが増え点数を取られる場面が多かった。それでも勝ち切れたことは評価できる。


2018年10月22日月曜日


先頭に戻る