宮城のニュース

<高校駅伝宮城県予選>仙台育英男子、コース新の快走

男子第3中継場で仙台育英の4区吉居(手前)が3区ムセンビからたすきを受け取って走りだす

 男子第69回、女子第30回の全国高校駅伝競走大会県予選会が21日、栗原市若柳総合支所前を発着点とする栗原ハーフマラソン公認コース(男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロ)であった。男子は仙台育英が4年連続27度目、女子も同校が27年連続27度目の優勝を果たした。全国大会(12月23日・京都)出場は男子が29度目、女子が27度目。

 仙台育英男子は2時間5分40秒のコース新記録で4年連続27度目の優勝。昨年の都大路3位のチームが残した記録を48秒上回る快走に、真名子(まなこ)監督は「2〜6区を中心に、暑さの中でもしっかり走ってくれた」とたたえた。
 7人の5000メートルの平均タイムは14分20秒と全国上位に入る。レースは1区でこそ出遅れたが、3区でトップを奪取。4区以降も後続との差を広げ、都大路への切符を手にした。2〜5区と7区は区間新記録だ。
 2区の3年金田はトップとの21秒差を15秒縮め、3区の逆転に貢献。「今年のチームは各学年に強い選手がいてバランスが良い。全国でも女子とアベック優勝を目指す」と力を込めた。


2018年10月22日月曜日


先頭に戻る