宮城のニュース

<高校駅伝宮城県予選>仙台育英が男女制す 男子4連覇、女子27年連続

 男子第69回、女子第30回の全国高校駅伝競走大会県予選会が21日、栗原市若柳総合支所前を発着点とする栗原ハーフマラソン公認コース(男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロ)であった。男子は仙台育英が4年連続27度目、女子も同校が27年連続27度目の優勝を果たした。全国大会(12月23日・京都)出場は男子が29度目、女子が27度目。
 男子は39校がエントリーした。仙台育英は序盤こそ出遅れたものの3区で首位に立ち、粘る後続を振り切った。女子は29校が出場し、昨年の全国大会覇者の仙台育英が全区間でトップに立って圧倒した。
 男女の上位5校は11月8日に一関市である東北大会に出場する。

 ◇男子成績 (1)仙台育英(喜早、金田、ムセンビ、吉居、山平、金沢、佐藤)2時間5分40秒=コース新(2)東北2時間8分40秒(3)明成2時間15分34秒(4)利府2時間18分29秒(5)古川工2時間21分20秒(6)仙台三2時間23分2秒(7)聖和学園2時間24分55秒(8)東北学院2時間25分49秒

 ◇女子成績 (1)仙台育英(武田、ムソニ、小海、清水、木村)1時間8分23秒(2)東北1時間14分44秒(3)常盤木学園1時間15分16秒(4)聖和学園1時間16分10秒(5)利府1時間18分20秒(6)白石1時間22分32秒(7)石巻1時間22分43秒(8)仙台二華1時間22分46秒


2018年10月22日月曜日


先頭に戻る