宮城のニュース

<高校ラグビー宮城県予選>仙台育英がV23 仙台三に得点許さず

仙台育英−仙台三 前半14分、仙台育英・土方(右端)が70メートルを独走してトライを決め、17−0とする

 第98回全国高校ラグビー大会県予選は21日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で決勝があり、仙台育英が59−0で仙台三を下し、23年連続25度目の全国大会出場を決めた。
 仙台育英は前半4分、敵陣ゴール前10メートルのラックから右に展開し、プロップ今野が左中間に先制トライ。その後も着実に得点を重ねて前半を33−0で折り返し、後半も計4トライなどで差を広げた。守りも粘り強く、仙台三を無得点に抑えた。
 全国大会は12月27日から大阪・花園ラグビー場で開かれる。

◎9トライ奪い圧勝

 【評】9トライ、7ゴールを挙げた仙台育英が大勝した。前半4分にトライで先制すると、その後もフォワード、バックスが一体となった波状攻撃で得点を重ねた。守備も無失点と手堅かった。仙台三は攻めの姿勢を見せたが、勝負どころでミスが目立った。

<仙台育英、攻守にバックス活躍>
 仙台育英が圧倒的な強さで23年連続で頂点に立った。9トライと畳み掛けて得点を重ね、守備も零封。絶対王者の重圧を感じない戦いぶりに、丹野監督は「無失点だったのが良かった」と胸をなで下ろした。
 バックスの動きがさえた。12−0の前半14分、自陣22メートル付近で密集のこぼれ球を拾った土方が70メートルを独走してトライ。「相手が崩れたスペースを見つけて無駄がないように抜けることができた」と納得の笑みだ。
 後半3分にはラックから土方と1年の青沼が息の合ったパス回しでトライ。「バックス全体が司令塔役のようにしてフォローしている」と土方。体の細さが課題のFW陣をカバーした。
 前回の全国大会は初戦敗退。2006年度以降、ベスト8に届いていない。土方は「シード校を倒すのが目標。ずばぬけた選手がいない分、全員で戦術を考えてアタックしたい」と団結力で8強入りを狙う。

<仙台三、力の差痛感>
 5年ぶりに決勝へ進んだ仙台三は無得点で仙台育英に屈した。市岡主将は「攻守とも相手の完成度が高かった」と肩を落とす。
 序盤に先制機をつくり、後半もトライまで数メートルと迫ったが、あと一歩届かなかった。熊谷は「当たりも強く、圧力がすごかった」と力の差を認める。突破を狙って丁寧にパスを回したものの、相手にボールを何度も奪われた。
 先発のバックス陣は全員1、2年生。市岡主将は「常に全力で日々の練習を行い、来年こそ花園に行ってほしい」と後輩に託した。


2018年10月22日月曜日


先頭に戻る