宮城のニュース

<KYB免震改ざん>宮城知事「信頼を裏切る行為」こども病院の装置交換要請も

 村井嘉浩知事は22日の定例記者会見で、油圧機器メーカーKYBによる免震・制振装置の検査データ改ざん問題について「大きな地震が各地で発生する中、被害を未然に防ごうとする方々の信頼を裏切る行為。誠に遺憾だ」と批判した。
 県立こども病院(仙台市青葉区)に設置されている同社製オイルダンパーに関し、村井知事は国の性能基準に不適合だった場合、装置の交換を同社へ申し入れるよう担当部局に指示したことを明らかにした。
 厚生労働省の障害者雇用実態調査で、全国の地方自治体で計約3800人の水増しが判明したことを巡り、村井知事は「国、行政の怠慢と言われても仕方ないと思う」と指摘。障害者雇用数の公表義務がない県外郭団体に関しても公開を検討する考えを示した。
 24日に一斉販売が始まる高価格帯の県産米「だて正夢」のPRで、動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して収入を得る「ユーチューバー」を起用したことを説明し、「動画が54万回以上視聴され、かなりの効果が出ている」と強調した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年10月23日火曜日


先頭に戻る