宮城のニュース

仙台のグループホームで利用者殴った疑い、職員を再逮捕「他にも殴った」

 仙台市宮城野区の高齢者施設で職員が利用者を殴り、けがをさせた事件で、仙台東署は22日、傷害の疑いで、同区福田町2丁目、「グループホーム東仙台」職員大野雅英容疑者(28)を再逮捕した。
 逮捕容疑は9月中旬〜下旬、グループホーム内で、利用者の男性(91)の左脇腹などを手で十数回殴るなどし、あばら骨を折るなどのけがをさせた疑い。
 東署によると、「他の利用者も殴った」などと供述しており、同様の被害がないか調べている。容疑者は9月26日、利用者の女性(86)を殴りけがをさせたとして逮捕され、10月17日に傷害罪で起訴された。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月23日火曜日


先頭に戻る