福島のニュース

<会津美里男性遺体>損壊・遺棄で男4人逮捕、容疑を否認

 福島県会津美里町の山林で4月26日、東京都豊島区、職業不詳菅谷善明さん=当時(49)=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、会津若松署捜査本部は22日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、本籍千葉市、自称会社役員天野十夢(とむ)容疑者(32)ら男4人を逮捕した。
 捜査本部は、4人が菅谷さん殺害の経緯を知っているとみて、殺人容疑の立件も視野に入れて調べる方針。
 他に逮捕されたのは、宇都宮市、会社員大森遼(30)、千葉県鎌ケ谷市、会社役員菊池真司(29)、会津若松市門田町飯寺、会社役員猪俣達也(30)の3容疑者。捜査本部によると、天野容疑者は会津美里町、大森、猪俣両容疑者は会津地方の出身という。
 4人の逮捕容疑は共謀して3月中旬ごろ、会津美里町内で菅谷さんの遺体の両手首を切断するなどし、同町旭舘端の山林に遺棄した疑い。捜査関係者によると、いずれも容疑を否認している。
 捜査本部によると、遺体で見つかった菅谷さんは1人暮らしで、金銭の貸し付けをしていた。死因は頭蓋内損傷。親族が5月、「連絡が取れない」と警視庁に届けていた。
 猪俣容疑者は9月26日、有事に自衛官として招集される陸上自衛隊の「即応予備自衛官」を雇用する企業に対する国の給付金計106万円をだまし取ったとして会津若松署に逮捕され、詐欺罪で起訴されている。


関連ページ: 福島 社会

2018年10月23日火曜日


先頭に戻る