青森のニュース

<つがる4人死亡事故>「正常に運転できた」容疑者供述 飲酒は認める

 つがる市の国道101号で9月、乗用車など4台が絡み4人が死亡、4人が重傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで逮捕された同市森田町大館、団体職員高杉祐弥容疑者(32)が「運転は正常にできた」との趣旨の供述をしていることが23日、青森県警への取材で分かった。飲酒運転は認めているという。
 高杉容疑者は9月22日午前1時10分ごろ、アルコールの影響で正常な運転ができない状態で乗用車を運転し、事故を起こした疑いが持たれている。
 この事故で青森県鯵ケ沢町舞戸町、会社員広船淳さん(43)、妻でアルバイト従業員愛莉さん(30)、五所川原市稲実、運転代行運転手山田春治さん(63)、つがる市森田町森田、保険外交員山田久美子さん(46)の4人が死亡、高杉容疑者ら4人が大けがをした。


関連ページ: 青森 社会

2018年10月24日水曜日


先頭に戻る