宮城のニュース

<東北高硬式野球部>富沢新監督が会見 「伝統に恥じぬチームつくる」

東北高の五十嵐征彦校長(左)と記者会見に臨んだ富沢新監督

 東北高は24日、硬式野球部の新監督に就任する富沢清徳氏(51)の記者会見を同校で開いた。富沢氏は「歴史と伝統に恥じないチームをつくりたい」と抱負を語った。
 富沢氏は同校OBで、1985年に佐々木主浩氏(米大リーグ、マリナーズなど)とバッテリーを組んで春夏連続8強入りした。「高校3年間は人生の糧になった。母校からの依頼でやりがいを感じる。迷いなく決断した」と語った。指導方針に関しては「人間的な成長なくして技術の成長はない。バランスのいいチームを目指す」と話した。
 前監督の我妻敏氏(36)は部長に就任する。


2018年10月25日木曜日


先頭に戻る