青森のニュース

<油井宇宙飛行士>「先輩の助言で道開けた」 青森・三沢基地で講演

子どもたちの質問に答える油井さん(右)

 宇宙飛行士の油井亀美也さん(48)が21日、青森県三沢市の航空自衛隊三沢基地で講演し、国際宇宙ステーション(ISS)滞在経験や夢実現の秘訣(ひけつ)などを語った。
 油井さんは以前、航空自衛隊に勤務。防衛大学校で同級生だった三沢基地の鮫島建一司令が「成績優秀で試験前はみんな勉強を教えてもらった」と当時のエピソードを紹介した。
 2015年にISSに滞在した油井さんは当時の生活や、ISSから見た地球の様子を映像で説明。
 防衛大学校入学後に宇宙飛行士の夢を諦めたが、先輩の助言で道が開けたと振り返り「周りの人と夢を共有することが大切。相手の夢のため手助けし、自分も助けてもらうといい」とアドバイスした。
 子どもたちからは「どんな勉強をしたのか」「地球外生命体と遭ったらどうするか」などの質問が出た。
 講演会は青森県三沢航空科学館(三沢市)が開館15年を記念し企画。同基地主催の見学ツアーと連携して開催し、約550人が参加した。


関連ページ: 青森 社会

2018年10月25日木曜日


先頭に戻る