福島のニュース

<会津美里死体遺棄>4容疑者以外も犯行関与か

 福島県会津美里町の山林で東京都豊島区、職業不詳菅谷善明さん=当時(49)=が他殺体で見つかった事件で、遺棄に使われたとみられるレンタカーを借りたのは、死体損壊と死体遺棄容疑で逮捕された男4人以外だった可能性のあることが25日、捜査関係者への取材で分かった。
 会津若松署捜査本部は、住所不定、自称会社役員天野十夢(とむ)容疑者(32)ら逮捕した4人以外にも、事件に関与した人物がいるとみて調べている。
 捜査関係者によると、レンタカーは遺棄直前の3月中旬、東京都内で借りられていた。借りたのは4人の周辺の人物とみられる。高速道路の通行記録などからレンタカーが遺棄現場まで移動したことも判明。捜査本部は車両や記録の分析を進め、菅谷さんが殺害された場所の特定を急ぐ。
 天野容疑者の他に逮捕されたのは宇都宮市、会社員大森遼(30)、千葉県鎌ケ谷市、会社役員菊池真司(29)、会津若松市門田町飯寺、会社役員猪俣達也(30)の3容疑者。


関連ページ: 福島 社会

2018年10月26日金曜日


先頭に戻る