福島のニュース

<ドラフト>西武4位 粟津凱士投手(東日本国際大)「力付け1軍で活躍」

粟津凱士

 東日本国際大の粟津は「うれしいの一言。力を付けて、1軍で活躍できる選手になりたい」と喜んだ。
 スリークオーターから投げる最速147キロの直球と2種類を投げ分けるシンカーが武器。今年の大学選手権で完封劇を演じベスト8に貢献、プロに進む自信を得た。西武は同じシンカーを得意とした潮崎哲也氏がOB。「追い付くだけでなく越えたい」と意気込む。
 ドラフトの指名は同大で初の快挙。山形市出身で甲子園の出場経験もない。「高校も大学も全国的に無名。それを塗り替えるのが自分の役目」と力を込めた。

 粟津凱士(あわつ・かいと)投手=東日本国際大=シンカーを武器に切れとコントロールで勝負し、南東北大学リーグ3季連続優勝に貢献した。山形・山本学園高出。180センチ、80キロ。右投げ右打ち。21歳。


2018年10月26日金曜日


先頭に戻る