広域のニュース

<ドラフト>プロ野球ドラフト会議 東北関係11人

 25日に行われたプロ野球のドラフト会議で、東北関係からは吉田輝星(秋田・金足農高)が日本ハムに、高橋優貴(八戸学院大)が巨人にそれぞれ1位指名された。
 梅津晃大(仙台育英高−東洋大)は中日2位、木浪聖也(ホンダ、青森山田高−亜大出)は阪神3位、斎藤友貴哉(ホンダ、山形中央高−桐蔭横浜大出)は阪神4位、粟津凱士(東日本国際大)は西武4位、山口航輝(秋田・明桜高)はロッテ4位、湯浅克己(BC富山、福島・聖光学院高出)は阪神6位、佐藤龍世(富士大)は西武7位となった。東北楽天5位の佐藤と8位鈴木を含め、11人が指名を受けた。


2018年10月26日金曜日


先頭に戻る