宮城のニュース

<だて正夢>グランクラスでゆったり堪能 JR東、11月から提供

 JR東日本は11月1日から、宮城県が開発し24日に本格販売が始まった高価格帯ブランド米の新品種「だて正夢」を、東北新幹線のグランクラスで提供する。東北を訪れる旅行者らに味わってもらい、首都圏での知名度向上に協力する。
 だて正夢は東北、北海道両新幹線下りのグランクラスのうち、アテンダントのサービスがある1日計59本で無料で振る舞われる弁当=写真=に使われる。来年1月31日までの期間限定。もっちりとした食感と強い甘味に合うよう、牛タンの塩焼きと唐辛子みそなどをおかずに添えた。
 26日には提供開始を盛り上げるイベントが仙台駅であり、村井嘉浩知事は「グランクラスは食にこだわる乗客が多い。口コミでおいしさが広がることを期待する」と話した。
 宮城出身でアイドルグループ「AKB48」メンバーの佐藤朱(あかり)さん(21)を「売り込み隊1日隊長」に任命し、来場者にサンプルを配るなどしてPRした。
 だて正夢は日本航空の国際線ビジネスクラスの機内食や、全日空の羽田空港ラウンジでも提供される。

 


関連ページ: 宮城 経済

2018年10月27日土曜日


先頭に戻る