宮城のニュース

秋雨しとしと 宮城県内寒気じわり、街路樹色づく

色づく街路樹の前を、人々が傘を手に歩いた=27日午前9時55分ごろ、仙台市若林区新寺1丁目

 宮城県内は27日、寒冷前線の影響で各地で朝から雨が降った。仙台市中心部では上着を羽織り、傘を差して歩く人が目立った。街路樹も朝晩の寒さで色づき、秋の深まりを感じさせた。
 仙台管区気象台によると同日正午までの24時間雨量は女川29.0ミリ、仙台13.0ミリなど。仙台市内の気温は午前11時半現在17.1度と、平年よりやや暖かくなった。28日の県内は寒気の影響で曇りや晴れが多い。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月27日土曜日


先頭に戻る