宮城のニュース

色彩豊かな絵画、会員の力作並ぶ 28日まで白石で白美展

多彩な絵画を集めた白美展

 白石市の絵画愛好家グループ「白美会」は、会員の作品を紹介する第51回白美展を、白石市中町の寿丸屋敷で開いている。28日まで。
 会員12人による水彩画や油絵、アクリル画といった絵画を中心に、約40点を出品。色彩豊かに花を表現した静物画や、市内や旅先で描いた風景画などが並ぶ。
 会長の米田利武さん(82)は「1年間の活動でさまざまな作品がそろった。ゆっくり楽しんでもらいたい」と話す。
 午前9時半〜午後3時。入場無料。連絡先は白石まちづくり会社0224(25)6054。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月28日日曜日


先頭に戻る