宮城のニュース

<ドラフト>楽天2位 太田、1年目でも1軍定着目標「嶋さん超える」

東北楽天の愛敬スカウト(右)と笑顔で握手する大商大の太田

 東北楽天からドラフト2位で指名された大商大の太田光捕手(22)は26日、大阪府東大阪市の同校で、愛敬尚史スカウトらから指名のあいさつを受けた。
 インサイドワークにたけた頭脳派捕手として知られる。愛敬スカウトは捕手としての技術だけではなく「チームを引っ張る人間力もあり、いずれはキャプテンになってほしい」と将来への大きな期待を口にした。
 正捕手嶋との定位置争いが過熱する可能性にも触れ、「超えてほしいという思いもあるし、そうしないと楽天は強くなっていかない」と責任の自覚を促した。
 大学では1年生でレギュラーを勝ち取ってきた。プロ1年目でも1軍定着が目標。「全ての面で嶋さんよりも上にいかないと試合には出られない。遠慮はしていられないし、グラウンドでも1年目と見られないような堂々としたプレーを見せたい」と強気な姿勢で臨む決意を見せた。


2018年10月27日土曜日


先頭に戻る