山形のニュース

東北の風景美に「いいね!」米沢の米国人ALTがFBで発信 アジア圏からフォロー続々

東北各地の魅力を発信しているFBページを紹介するギンターさん

 山形県米沢市の米国人ALT(外国語指導助手)ディラン・ギンターさん(27)が、交流サイトのフェイスブック(FB)で、自分が訪れた東北各地の魅力を風景写真と英文で紹介している。先月末に始めたばかりだが、フォロワーは既に500人を超えた。ギンターさんは「まだまだ海外で知られていない東北の魅力を多くの人に知ってほしい」と話している。

 FBページは「Travel Tohoku」と名付け、9月30日に投稿を始めた。第1弾は福島市の信夫山から望む市中心部の風景を写真と短文で紹介。反応はいまひとつだったが、続いて投稿した喜多方市郊外のヒマワリ畑の光景には一挙に約1100人から「いいね!」が送られた。
 これまでに蔵王のお釜や鳥海山、乳頭温泉などを投稿。旅行雑誌を切り抜いたような風景美に淡々と添えられる短文が、目にした人の関心を引き付ける。
 ギンターさんはハイキングと写真撮影が趣味で、これまで多くの写真を撮りためてきた。機材は高価な一眼レフではなく、歩くのに支障が出ないコンパクトカメラかスマートフォン。高校で学んだ撮影技術とセンスが光る。
 日本で暮らすのは3度目だが、初めての東北暮らしに日々新鮮さを感じ、週末ごとに各地を旅し、その都度、雄大な自然美と人々の温かさに安らぎを感じているという。
 フォロワーの大半は、これまで全く知らなかったアジア圏の人々だ。ギンターさんは「海外の人にとって東北はあまり知られていない。自分が魅力を発信することで、少しでも知られる機会が広がればいい。行って見たい場所はたくさんあるので、継続的に紹介していきたい」と話している。


関連ページ: 山形 社会

2018年10月27日土曜日


先頭に戻る