宮城のニュース

多彩なスイーツ富谷に勢ぞろい きょうまで博覧会

コロンビアの郷土菓子を基にした創作スイーツが並ぶカフェ

 富谷産食材を使った新作スイーツや全国の人気スイーツを販売する宮城県富谷市主催の「とみや国際スイーツ博覧会」が27日、同市一ノ関の市総合運動公園で始まった。28日まで。
 地元の10店を含む50店以上が参加。富谷産のブルーベリーや蜂蜜、イチジク、シャインマスカットを使ったタルトやケーキのほか、アップルパイやスイートポテト、シュークリームなどが並んだ。
 コロンビア大使館の協力を受け、現地の郷土菓子に富谷産食材を加えた創作スイーツのカフェも開設。パティシエの鈴木文さんは「富谷のブルーベリーはジューシーで、蜂蜜もえぐみがなくマイルド。お菓子に深みが出る」と語った。
 仙台市泉区の販売員橘秋穂さん(24)は「各地の多彩なスイーツがそろって楽しい。たくさん買っていきたい」と話した。
 午前10時〜午後4時。入場無料。28日は人気バンド「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」のトークショーがある。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月28日日曜日


先頭に戻る