宮城のニュース

<ハロウィーン>街元気に 歩いて良さ知る 仙台・春日町

さまざまな衣装を身に着け、街を歩く参加者

 仙台市青葉区春日町地区を盛り上げようと、ハロウィーンにちなんだ街歩きのイベント「春日町ハロウィンフェスタ」が27日開かれた。
 町で働く有志でつくる実行委員会が初めて企画した。魔女や海賊、アニメキャラクターの衣装を身に着けた親子連れ約50組が参加し、町内の店や事務所をにぎやかに巡ってお菓子をもらった。
 絵本「ぐりとぐら」の主人公の衣装を着た娘2人と参加したパート吉井未菜さん(30)は「近くに住んでいるが、行けなかった店にも入れた。町を知るいい機会になった」と喜んだ。
 町内で親子向けサロンを主宰する実行委員長の大坂裕子さん(46)は「春日町は昔からの店やおしゃれなカフェが存在する小さくてかわいいエリア。もっと親子に訪れてもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月28日日曜日


先頭に戻る