宮城のニュース

<ハロウィーン>街元気に 踊りや食楽しむ 仙台・泉中央

仮装した親子連れでにぎわった会場

 31日のハロウィーンにちなんだイベント「いずみハロウィン」が27日、仙台市泉区の地下鉄泉中央駅前広場で開かれ、仮装した親子連れでにぎわった。
 カボチャの装飾が施された会場で、魔女やお化けに扮(ふん)したスタッフが来場者を迎えた。ベガルタチアリーダーズや地元のダンスクラブによるステージが繰り広げられたほか、スペアリブなどの飲食物や雑貨を販売する14のブースが並んだ。
 会場を巡るキーワードラリーに参加した七北田小2年の猿舘如華(ゆきな)さん(7)は、「ディズニーキャラクターのドレスを着てきた。早く全部のポイントを回ってお菓子をもらいたい」と笑顔で話した。
 泉青年会議所などでつくる実行委員会の主催。泉中央駅周辺の活性化を目指し、昨年まで毎年夏に開かれていた泉中央まつりをリニューアルした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月28日日曜日


先頭に戻る