宮城のニュース

入院中の祖父刺殺 大崎・鹿島台容疑の孫娘逮捕

 病院内で入院中の祖父を刺殺したとして、宮城県警古川署は27日、殺人などの疑いで、孫娘の宮城県大崎市鹿島台木間塚、無職萩川未貴容疑者(28)を逮捕した。同署によると、「殺すつもりで刺した」と供述し、容疑を認めている。
 逮捕容疑は26日午後8時10分ごろ、同市鹿島台の大崎市民病院鹿島台分院で、携行した果物ナイフで祖父功さん(88)の右脇腹を刺し、殺害した疑い。功さんは27日午前4時半すぎ、搬送先の石巻市内の病院で死亡が確認された。死因は出血性ショック。
 古川署によると、萩川容疑者は犯行直後、分院に近い鹿島台交番に「祖父を刺してきた」と自首した。この際、凶器とは別の折り畳みナイフを所持していた。萩川容疑者は両親と功さんの4人暮らしで、同署が動機などを調べている。
 分院によると、26日午後8時ごろに女性の大声が聞こえ、看護師が4階の功さんの病室(4人部屋)に行ったところ、萩川容疑者がいた。「孫の面会」と認識したという。
 その後、萩川容疑者は立ち去った。別の看護補助者と乱れていた功さんの寝具を直そうとした際、出血とナイフがあることに気付いた。分院内で他にけがをした人はいないという。
 現場はJR東北線鹿島台駅から北に約500メートル。分院の周囲には鹿島台小、市鹿島台総合支所があり、旧鹿島台町の中心部だった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月28日日曜日


先頭に戻る