宮城のニュース

深まる秋を追い掛ける 宮城県内は暖かな朝

公園内を元気に走り回る子どもたち=29日午前10時20分ごろ、仙台市青葉区の西公園

 宮城県内は29日、南寄りの空気が流れ込んだ影響で、沿岸部を中心に10月上旬から中旬の暖かな朝となった。
 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は仙台で平年より2.0度高い10.4度。亘理は10.3度、塩釜と女川が10.1度だった。
 仙台市青葉区の西公園では、赤や黄に色づいた木々の下を子どもたちが元気に駆け回っていた。
 管区気象台によると、30日の県内は曇りや晴れ。西部では昼前に雨の降る所が多い見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月29日月曜日


先頭に戻る